お風呂のつまりに業者が必要な場合

それでは、水まわりで発生するつまりのトラブルとして具体的にどのようなものがあるのかを紹介します。
最初に紹介するのは、お風呂場で発生するつまりについてです。お風呂場で発生するつまりについては、大きく2つの箇所が考えられます。1つは浴槽の排水口、そしてもう1つは洗い場の排水口です。これらの場所の水のつまりが発生している場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。また、業者による修理が必要になるのでしょうか。

この2つの場所のつまりは、違う場所に問題が発生しているように見えて、実は同じ場所に問題が発生している場合が多くあります。というのも、浴槽の排水口と洗い場の排水口は1つの排水管につながっているため、ここにつまりが発生していると両方が詰まることになるためです。場合によってはどちらかの排水がもう片方に流れ出すような問題になることもあります。

基本的にこれらのつまりについては、必ずしも業者が必要とはいえません。つまりの原因が髪の毛である場合が多く、それを溶解できる洗剤があれば業者を利用しなくても解決できるためです。しかし、他のものが詰まってしまっている場合は業者による修理が適しているということもあります。原因が分からない場合は業者を呼びましょう。