業者以外でのつまりの直し方

それでは、さらにトイレのつまりの解消方法について、業者に頼らなくても良い方法がないかを紹介します。ここで紹介するのは、「お湯」を使って解決を図る方法となります。業者を呼ぶ前に、自分で解決できないかどうか試してみるのに良いでしょう。

お湯を使った方法は簡単で、他の場所でお湯を沸かし、それを冷ました上でトイレに注ぐというものです。トイレのつまりの原因となっていることが多いのはトイレットペーパーであり、トイレットペーパーは水温が高くなると溶けやすくなります。そのため、水温を上げるためにお湯を入れて暫く待つと、つまっていたトイレットペーパーが溶けて流れが取り戻せる場合があります。業者をすぐに呼ぶのではなく、こういった方法で解決することも考えられるでしょう。

ただし、つまりのために熱湯を注がないようにすることも重要です。というのも、トイレには陶器が使われているため、あまりにも高い温度のお湯を一気に注いでしまうと壊れてしまう可能性があるためです。そうなると、つまりではなく便器修復に業者に依頼しなければ直せない問題となってしまい、結局のところ最初から業者を呼んでおいた方が安上がりだった、ということになりかねません。つまりの解消を自分でするかどうかよく考えて行うと良いでしょう。